国立でインプラント治療をするなら国立くぼむら歯科クリニックのインプラントセンターへ

インプラントのことなら国立くぼむら歯科クリニック「インプラントセンター」へ

平日10時〜13時 14時30分〜20時 土曜10時〜13時 14時30分〜18時 休診 木曜・日曜・祝祭日 週間営業日カレンダー tel.042-533-5370

国立くぼむら歯科クリニックインプラントセンターには吉祥寺・三鷹・武蔵境・東小金井・武蔵小金井・国分寺・西国分寺・立川・日野・豊田・八王子からも多くの患者様が来院されております。

  • インプラント治療
  • 歯を失うこと
  • インプラント治療とは?
  • 他の治療法との違い
  • 再生療法との併用
  • よくある質問
  • 治療のプロセス
  • 治療の流れ
  • 治療にあたって
  • 安心へのご配慮
  • 手術の環境
  • 無痛治療
  • SimPlantによる治療計画
  • 治療費について
  • ご相談窓口
  • インプラントQ&A
  • 無料カウンセリング
Access JR国立駅徒歩1分の歯科医院「国立くぼむら歯科クリニック」

■JR中央線「国立駅」南口徒歩1分

〒186-0002

東京都国立市東1-4-8

国立セントラルビル3階

TEL:042-533-5370

国立くぼむら歯科クリニック「国立インプラントセンター」HOME > インプラント治療 > ほかの治療法との違い

他の治療法との違い

失った歯を修復するとき、従来は、取り外し式の「入れ歯」、固定式の「ブリッジ」が用いられてきました。しかし「入れ歯」は確実な固定はできず、固定式の「ブリッジ」は、隣の健康な歯を削る必要がありました。
また、失われた歯根までを回復させることは、従来の治療では困難な問題でした。
インプラント治療は、これら「入れ歯」や「ブリッジ」の欠点を解決した、画期的な治療方法です。


入れ歯

「入れ歯」は、留め金と人口歯が一体となった「取り外し式の義歯」です。
素材には、主に硬質プラスチックなどを使用します。


「入れ歯」のデメリット

  • ○装着方法が不安定
  • ○隙間に食べ物が入り込みやすい
  • ○堅いものや弾力のあるものが噛みにくい
  • ○噛む時に痛みを感じることがある
  • ○毎日のこまめな洗浄が必要
  • ○ケアを怠ると口臭の原因となる
  • ○留め金が、隣の健康な歯を傷つける
  • ○隣で支える歯への負担が生じる
  • ○歯槽骨の減少による噛み合わせや発語の問題

ブリッジ

「ブリッジ」は、一体化された複数の人口歯を左右両隣の歯で接着固定する治療方法です。
素材は保険診療の場合、前歯が硬質プラスチック、奥歯が合成金属となります。


「ブリッジ」のデメリット

  • ○両隣の健康な歯を削る必要がある
  • ○支えとなる両隣の歯への負担が生じる
  • ○噛み合わせや発語に問題が生じる
  • ○隙間に食べ物が溜まりやすい
  • ○歯周病や口臭の原因となりやすい

▲ページのトップへ